アットドクター

医師が身体と心の悩みに答えるQ&Aサイト

  • 医師一覧
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
内科 整形外科 消化器外科 麻酔科 眼科 精神科・心療内科 児童精神科 泌尿器科 皮膚科 産婦人科
歯科・口腔外科 脳神経外科 形成外科 美容形成 小児科 小児外科 耳鼻科 救命救急科 乳腺外科


[ 内科 ]
担当する領域が広く多岐に渡る総合的な診療を行っている科です。
消化器(胃・大腸・肝臓病)、循環器(心臓病、高血圧、不整脈)、腎臓、内分泌・代謝(糖尿病、脂質異常症)など、内科一般について診療、治療、検査を行っています。
例えば、よくある病気(風邪・胃腸炎など)や、よくある症状(発熱・咳・頭痛・腹痛など)の診療を行っています。一般的な健康維持に関わる問題(血圧・コレステロール・血糖など)の診療、複数の臓器にわたる疾患の診療、特定の臓器に絞れない症状(全身倦怠感、食欲不振、体重減少、むくみなど)についても診療を行っています。投薬、医療器具による治療、患者さんに対する生活指導などが主な治療法です。



[ 整形外科 ]
全身の骨・関節・脊椎・筋肉等における病気を扱う科です。
手足のケガやしびれ、腰痛、打撲、関節症、捻挫など、骨や関節、靭帯、筋肉に関わる病気やケガを診察するところです。骨粗鬆症、スポーツ中の外傷や、交通事故・労災事故など、身体の動きが不自由になる疾患も扱います。また痛みを主とする疾患(いわゆる神経痛・リウマチなど)、および運動器に発生した腫瘍性疾患の治療もおこなっています。手術治療だけでなくリハビリ等も行うことがあります。



[ 消化器外科 ]
消化器に関する病気を手術によって治療する科です。
外科とは主に手術を行い患者さんを治療する診療科です。消化器外科は、消化器に関する病気を手術によって治療する診療科です。
中でも、がんの治療を行う機会は多く、外科的な治療のみならず、がんの痛みを緩和するケアも行います。癌に対しては抗がん剤による化学療法も行います。



[ 麻酔科 ]
手術の麻酔や、痛みを取り除く治療をする科です。
・手術麻酔 手術の際、患者さんに麻酔をかけることを専門に行います。全身麻酔、硬膜外麻酔、脊椎麻酔を行い、手術というストレスを術中術後を通して取り除き、患者さんを見守るケアを行います。
・ペインクリニック 頭痛、肩こり、腰痛、帯状疱疹などの慢性的な痛みを和らげたり、痛み以外のしびれも対象とします。痛みなどの症状のあるところに、局所麻酔薬を注射することによって、血行を改善し緊張をとり、凝りや痛み、しびれなどの症状を軽くする治療を行います。また痛みに対し内服治療も行います。


[ 眼科 ]
眼に起こる病気の治療、手術を行う診療科です。
眼科では、目に関係する病気全ての治療に関わります。眼瞼、結膜、角膜、水晶体、眼底、眼窩などの目の病気に対して専門的な診療を行っています。
眼の構造はとても複雑なので、診療科の中では特に専門性が高い科だと言えます。眼が見えないと日常生活に困りますので、生活の質を保つうえで欠かせない診療科です。
眼の疾患にはとても多くの種類があり治療も細分化され、視力矯正を目的として行う屈折矯正手術であるレーシックや、視力回復のための治療などを行うこともあります。
また、メガネ、コンタクトレンズを作る際の視力検査やアドバイスも行っています。



内科 整形外科 消化器外科 麻酔科 眼科 精神科・心療内科 児童精神科 泌尿器科 皮膚科 産婦人科
歯科・口腔外科 脳神経外科 形成外科 美容形成 小児科 小児外科 耳鼻科 救命救急科 乳腺外科


[ 精神科・心療内科 ]
主に心の病を扱う診療科です。
・精神科・診療内科
脳や神経には異常がなく、心理的な面に症状が強く出る病気を扱います。
体の病気とは違って、目に見える形での判断ではないため、治療では検査やカウンセリングなどが多く行われています。
最近は脳科学の進歩により心の病気も原因が少しずつ解明され、診断のための検査技術や治療方法も進歩しています。
薬物療法や心理社会的療法などのレベルで、精神的な健康を維持できるよう治療を行っています。



[ 児童精神科 ]
対象は15歳以下で、何らかの心の問題や発達の問題が疑われる子どもを診察します。
「落ち着きがなく、指示が入りにくい」「対人関係が苦手で集団行動がうまくとれない」「学校へ行けない」「発達障害ではないか」「気分が落ち込んでイライラしている」「自傷行為をしています」などの主訴が多いです。
治療としては精神療法、薬物療法、カウンセリング、プライセラピー、療育などを行います。



[ 泌尿器科 ]
尿や性器に関連する病気を外科的に診る科です。
腎臓、尿管、尿道、男性生殖器系の領域で手術が必要なもの、前立腺肥大、尿の悩み、STD、前立腺がんが心配な方や排尿困難、血尿などの症状でお悩みの方などの診察を行っております。
内科的な治療を行う場合は、腎臓内科が担当します。また、女性の場合は婦人科を受診することも多いため、男性患者さんが多く通ってくる診療科であるという特徴もあります。



[ 皮膚科 ]
皮膚に関する病気を治療する科です。
外界からの刺激を受けやすいので、季節環境によって病気の発生が影響されます。
皮膚、爪、毛髪などの病変、にきびやしみなどの一般的な肌トラブル、美容皮膚科の領域も皮膚科の対象となります。
アレルギー・感染症・炎症・腫瘍・内科的疾患に伴う皮膚症状など、皮膚に生じる疾患を幅広く扱っています。



[ 産婦人科 ]
妊娠や出産に関わる産科と、女性特有の症状に関わる婦人科とが合わさった科です。
妊娠検査、妊婦検診、分娩を行う産科と前途の婦人科に関する治療などを総合的に担当する診療科です。
思春期からの女性にまつわるすべての疾患、お産、女性の腫瘍、ホルモン異常、感染症、不妊治療を対象とします。
・婦人科 女性特有の病気に関する治療を行う診療科です。
子宮、卵巣、卵管、女性性器などに関する病気の検診、治療、手術を行います。 ただし、乳癌については検診のみで、手術を行うのは外科となります。
閉経前後、両側卵巣摘除女性で顔のほてりや手足の冷感、憂うつ感などの精神症状、性交時痛、尿失禁等の症状を認めた場合、女性ホルモン減少による更年期障害が考えられますので、これらの治療も行います。
・産科 妊娠中の出血、腹痛、嘔気、嘔吐、食事摂取不良、全身の浮腫(むくみ)などの異常を認める場合や、妊娠前より存在する基礎疾患の悪化を認める場合に診察、治療を行います。


内科 整形外科 消化器外科 麻酔科 眼科 精神科・心療内科 児童精神科 泌尿器科 皮膚科 産婦人科
歯科・口腔外科 脳神経外科 形成外科 美容形成 小児科 小児外科 耳鼻科 救命救急科 乳腺外科


[ 歯科・口腔外科 ]
口の中のすべての症状を扱う科です。
虫歯や歯周病から矯正やインプラント治療にいたるまでの、年代問わず小児・成人・高齢者の方までお口の中の様々な症状を対象とします。
口腔内のあらゆる疾患、さらには、唾液腺(顎下腺、舌下腺)、顎骨、顔面、上頸部の内科的・外科的疾患の診断と治療を行っています。
・歯科 歯疾患の治療と予防を担当する科。
・矯正歯科 歯列の異常を矯正することを専門とする科
・小児歯科 小児の歯疾患の治療と予防を担当する科。
・歯科口腔外科 歯とそれを取り巻く部分の病気を手術によって治療することを専門とする科。


[ 脳神経外科 ]
脳・神経系に起きるさまざまな病気を診断・治療する科です。
脳と神経系(主に脊髄)に生じる病気を扱います。外科の一つですので、手術を必要とする病気を担当している診療科です。脳血管障害、脳腫瘍、頭部外傷、小児脳疾患、脊髄疾患、末梢神経障害など中枢神経系の器質的疾患を診察し、主に外科的に治療する科です。
また、頭痛、めまい、パーキンソン病、てんかんなどの機能的疾患を内服加療したり、時にはこれらに対する外科的治療も行います。
脳に損傷を負ったり脳が病気になったりすると、意識の低下や体が動かせないなどの様々な症状が起こり、時には命に関わるようなこともあります。



[ 形成外科 ]
主に体の表面に生じる変形や外傷などを外科的に治療する科です。
整形外科は骨や関節の治療を担当しますが、形成外科は主に体の表面に生じる変形や外傷などを外科的に治療します。
病気や怪我が原因で体の表面に起こった異常を、元の状態に近づけることを目的とした診療科です。そのため、体の特定の部位に関する治療を行うのではなく、目に見える部分であれば全身が治療対象となります。先天性の体表形態異常、腫瘍切除後やケガなどによる組織欠損など、目に見える部位の形や色の変化、組織の欠損などを手術によって治します。



[ 美容形成 ]
医学的に見て正常である部分に、外見上の問題から手術などを行う診療科です。 病的な症状がない状態にメスを入れるので、ほとんどが保険外診療となります。



[ 小児科 ]
新生児からだいたい15歳までの小児に関する病気を担当する科です。
小児科では、子どもの病気に関するものなら全て治療を行います。そのため、扱う病気の種類は膨大な数となります。
小児の内科疾患の診療、乳幼児健診、予防接種などの一般外来、ないしは循環器、アレルギー、神経疾患などの専門外来も行います。
また成長発達過程で生じる様々な問題も扱います。しかし発達障害、ひきこもり、不登校、自傷行為などは児童精神科で扱うことが多いです。



内科 整形外科 消化器外科 麻酔科 眼科 精神科・心療内科 児童精神科 泌尿器科 皮膚科 産婦人科
歯科・口腔外科 脳神経外科 形成外科 美容形成 小児科 小児外科 耳鼻科 救命救急科 乳腺外科


[ 小児外科 ]
小児に関する病気で手術を必要とするものを担当する科です。なります。
患者さんが小児であれば、病気の起こる場所がどの部分であっても総合的に扱っています。
対象は先天性奇形・機能異常、腫瘍、呼吸器、消化器、体表、外傷疾患を扱います。



[ 耳鼻科 ]
耳、鼻、のどに関する病気の治療や手術を行う科です。
内耳の異常で起こるめまい、耳鳴り、難聴などは耳鼻咽喉科の担当ですが、原因が脳や脳神経にある場合は内科の担当です。
耳鼻科は、その名の通り耳と鼻に関する病気の治療に関わりますが、喉も治療対象としています。耳鼻科は、正式には耳鼻咽喉科と呼ばれることもありますが、案外治療範囲が広い診療科です。
耳鼻咽喉科・頭頸部外科では耳の病気、鼻の病気、顔面神経の病気、口の中やのどの病気、くびのしこりに対して専門的な診療を行っています。



[ 救命救急科 ]
急病の方を診療する科です。
救命救急科は、命に関わるような重篤な患者さんが多く運び込まれる診療科であり、複数の診療科に渡る治療を行います。そのため、体の特定の部位ではなく、全身に対する治療を行います。
また、病名がはっきりしている時だけではなく、原因が特定されていない場合でも呼吸不全や意識障害など出ている症状に対する治療を行います。



[ 乳腺外科 ]
乳房を原因とする病気を対象に治療している科です。
代表的な疾患として乳がんがあります。乳腺外科では、乳癌の専門的な診断および外科的治療、外来での抗がん剤治療を中心に術前・術後の薬物療法や転移を伴う進行・再発乳癌の治療などを行います。
また、乳腺の良性腫瘍や乳腺炎などの診断・治療も行っています。



内科 整形外科 消化器外科 麻酔科 眼科 精神科・心療内科 児童精神科 泌尿器科 皮膚科 産婦人科
歯科・口腔外科 脳神経外科 形成外科 美容形成 小児科 小児外科 耳鼻科 救命救急科 乳腺外科